約束のネバーランド1話感想

約束のネバーランド感想一覧

【ネタバレ】約束のネバーランド1巻感想 約束のネバーランド2巻感想 

な~な~な~ななななななな~♪(OPのメロディw)

とうとう始まりましたね!

アニメ1話はそのまんま原作1話でした。

原作1巻の感想書いていますので、気になる方はどうぞ→【ネタバレ】約束のネバーランド1巻感想

かささぎは単行本で読んだので、一気に7話まで読んでいます。1話だけだと、まだあまり気になる!っていう核心に入っていないので、面白さを実感するならば、もう少し見続ける必要があると思います。

 

ハウス(孤児院)の38人はおだやかに暮らしていた。ハイスペックのテストのスコアが100点なのが三人、エマとノーマン、レイ。

なんと、鬼ごっこが後々重要に!

そして、おだやかだと思っていたハウスでの生活は、虚偽だった。

コニーがハウスから卒業する時、エマとノーマンは見てしまった。人を食べる鬼を……コニーの変わり果てた姿を。

そう、ここは、人間の高級農園だったのです。ハウスの子供は商品。鬼に食べられるために生きていた。

 

というところが1話のさらっとあらすじです。

ここから、ママとエマ達の知略バトルが始まります。

壮大な冒険がこれから繰り広げられるわけですが、楽しみですね。

かささぎは原作12巻までは読んでます(笑)

アニメはどこまでやるのか……原作に忠実に進んでいってます。

食べられるために生きてきたと知った時のエマの叫びがすごいですね。

色と音が付いた世界の続きを待っています。2話はよ、ってこと(笑)

 

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です