BROOCHという絵本を読んだ感想

まず紙が透けてる紙なのです。

透けていることを利用して絵本ができています。

とても綺麗です。いつでも側に置いておきたいような絵本です。

物語的には人生についてとりとめのない印象で、文字としてのストーリーはないと言ってもいいと思います。※物語オタクのかささぎの言うことです。

ただ、その透けた紙をめくることでいろいろな絵が出てきますそれには、ドラマがある気がします。

イラストを文字で説明することはとても難しいです。見れは一瞬なのに、文字にすると時間がかかってしまうからです。

その文字では説明の難しい絵本をぜひ、一度、現物で絵本として手にとって見てみてください。

そういう本が増えると、面白いかもしれません。

紙として存在して面白い本。紙の本を買わない人が増えているけど(かささぎ含め)手にとってみないとわからないっていいと思います。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です