ゴブリンスレイヤー4・5巻感想

ゴブリンスレイヤー1~3巻感想

 

まずは、異種族さんたちと神官ちゃんとゴブスレさんのちょっとした冒険と幼馴染とのいちゃいちゃ?とギルドでの冒険者の昇給審査の立ち会い人のお話から。

そして、目の見えない剣の乙女様(十年も前復活した魔神王の一つに打ち勝った金の冒険者一党、その一人、偉大なりし至高神の下僕)のお話になるみたいです。

ゴブリンがいなそうに見える街。でも、ゴブスレさんは、わかるようです。ゴブリン共に狙われた村とよく似た空気だそうです。

そして、異種族さんたち三人と神官ちゃんが一緒に行きます。異種族さんたち、本来の仕事いいの?!と思いますが。

そして、ゴブリン達がいるという地下水道へ。

閉じ込められてゴブリンチャンピオンが出てきたところで終わります。

 

 

ゴブスレさんふきとばされて気絶(結構な怪我)

そして、ゴブスレさんを失ったことで劣勢に。

ピンチになる仲間4人。

ですが、ゴブスレさん、なんとか立ち上がり、骸骨になった人の髪の毛で首を絞めるというエグイ方法でゴブリンチャンピオンを倒しました。

エグイです……。ゴブスレさんは、英雄ではありませんね。ゴブリンは侮られているようですから、名声という意味では倒しても意味のないものでしょうし。

剣の乙女編というのでしょうか。これで、終わりではないようです。ゴブリンの装備が良すぎるのもあり、何か裏があるようです。

 

一つ目のモンスターでしょうか、それを発見します。その目に見られていると魔法?神官の奇跡が使えないようです。苦戦します。

小麦粉っぽいので引火を誘発して大爆発させます。(何だか忘れましたが、そういう方法で脱出して大逆転するアニメあった気がします。

そして、その後ろには鏡が。

『今は失われた古代の呪文を宿した魔法の鏡』

『誰かがこれであの荒野からゴブリンを呼び寄せて』

『武器を与えてこン地下に住まわせて…』

『鏡はあの怪物に守らせていたということですな』

『潰された片目の応讐を果たす証 奴らはここを取り返しに来るぞ』

さて、大規模な戦いになりそうですね。次巻でしょうか。

 

ちょっと人を選ぶので、エログロ苦手な方は読むのをオススメしません。

読むことに関して自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です