ゴブリンスレイヤー1~3巻感想

結構血なまぐさいです。

ダークファンタジーってCMで言ってたけど、正に暗黒面が見え隠れするお話です。かなりエグイ。

エグイの苦手なかささぎは若干(?)引き気味に読んでおりました。結構前に読んだのに書けなかったのは、ダークだからですね(笑)転スラは逆にライトな感じなので、書きやすかったなぁ。

まず最初に駆け出しの神官十五歳の女の子がゴブリン退治に行くのですが、ゴブリンって弱いってイメージで初心者さんが行くみたいですね。

題名からもわかるように、ゴブリンさんをスレイヤーするお話です。

と、まあ、それは置いておいて剣士とファイターと魔法使い(ちょっとこの世界での職業の正式名称は見つけられませんでした)のパーティと一緒にゴブリン退治へ。

洞窟は巣穴なので、ゴブリンの住処みたいですね。

そこに入ってしまい剣士は惨殺。ファイターは慰み者。魔法使いは毒殺されてしまいます。

神官も危ないところ……そこへ、現れたのがゴブリンスレイヤーさんです。『子鬼を殺す者』と書くそうです。

そして、あざやかにゴブリンをスレイヤーします。

神官ちゃん(名前が今のところ見当たらないな……)はゴブスレさんの仲間になります。

神官ちゃんは新しい奇跡を授かりました。壁を作る力です。

≪聖壁≫でプロテクション。地母神様に祈っています。

それと、特別収録でしょうか、外伝の話が入っています。ゴブスレさんの村がゴブリンに襲われた時の話でした。床下でお姉さんがお姉さんじゃなくなるのを見ていたようです。もう一つ新米戦士と見習い聖女のお話が入っています。聖女ってあんまりいない人イメージですが、この世界には結構いらっしゃるんですね。

二巻では異種族のエルフとドワーフとリザードマンが出てきます。

なんと、デーモンロードという魔神王の一つが目覚めちゃってゴブリンがエルフの国を襲っているらしいのです。ゴブリンごときでは軍を動かせないらしいのです。

上位種のオーガさん登場、ゴブスレさんが呪文使えない人でも使える巻物を海の底につなげて水圧でオーガさん斬って勝利。いろいろエグイです。基本、こんな感じで進んでいきます。

 

ゴブスレさんの幼馴染のお話から。村が襲われた時、叔父さんの牧場に仕事を手伝いにいってて、無事だった幼馴染さんです。

なんと、幼馴染の叔父さんの家にお世話になってるゴブスレさん!

ゴブスレさんの顔は、漫画中では出てきませんが、男前らしいです。

そして、叔父さんの牧場がゴブリンに襲われる予兆をゴブスレさんが発見!でも、幼馴染は逃げない。

ゴブスレさんは冒険者ギルドの皆に協力を頼みます。ゴブリンロード(小鬼の王)がいるらしいです。軍勢で襲ってくる模様。

皆の強力をごぎつけ、軍勢と対決します。

ゴブリンロードは、生き残ってきたもの。小さい時には、子供だからと見逃され、侮られ逃がされ、憐れまれ赦し生き残っていく。

そして、多くの冒険者たちの強力もあり、勝利しました。

 

神様はサイコロで運命を決めていました。ですが、ゴブスレさんにはそれができません。サイコロを振らせようとしなかったのです。生まれとか能力といかチートとか彼には関係なかったのです。

そして、目の見えない剣の乙女様のお話へと続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です