アルルとコンスの夜 完全番外編

「ねえねえ、コンスは不安になったりしないの?」

 アルルがコンスを見上げながら言う。レンタル冒険者編のアルミー達とクエストで雪山に入る前の話だ。部屋代がもったいないので二人は同室の宿をとった。アルミー達がアルルが女性だと知っていれば別部屋をとったに違いない。

「何に?」

コンスは心臓が微妙に違和感を感じた。だが、コンスはそれがどういう感情なのか、知らなかった。だから、気のせいということにした。

「自分が勇者であることとか」

 アルルの瞳が金色に光る。不思議な感覚だ。アルルがアルルでなくなるみたいで、コンスは少し不安になる。金色の瞳をやめさせたくて、たぶんそうだろうという核心をつく。

「もしかして、神の血筋ってこと?」

「そう。その剣を使えるってことは、かなりの先祖返りだってこと、わかってる?」

「それについては、少し自分で調べてたんだ」

「たぶん、母の血筋みたいだ」

「王家のお父さんじゃなくて?」

「父は王家の中でもかなりの先祖返りだったと思うよ。この剣を使えるんだから。だけど、僕までここまで力が使えるのは、母のおかげだと思うんだ」

「お母さんは、どこの人?」

「辺境の村だけど、そこは少し変わってた。辺鄙なところっていうのもあるけど、村の中での血族婚が多いんだ。王都からの支援物資も届いてる。まるで何かの血筋を守っているようだった。父はそれに気づいていたのかもしれない。だから、母を見い出したのかも」

「ナニソレ?! 愛がない!」

「は?」

 コンスの顎が外れたような顔をした。

「偶然、遠征中に隔離された村に迷い込んで、出会って一目惚れ! その場で求婚!」

 月の光に照らされて、白い神殿の柱から男性が女性に声をかける。男性は鎧に身を包んでいた。女性は美しい髪をなびかせていた。

「これくらい演出しないと、吟遊詩人の語る物語として成立しないから! 確かに、コンスのお父さんは会えるかもって打算はあったと思うけどさ!」

「そんなこと言われても……父と母の馴れ初めなんて知らないよ」

 困った顔をしていたコンスだが、内心は笑っていた。アルルの瞳はずっと緑のままだったからだ。

「初代の勇者は神と人間のハーフだったんだ。魔王が悪さするのに合わせて、それを倒すために作られた存在。傲慢で強くて、自信家。人間として性格は最悪だったけど、仲間を集めて魔王を倒したんだ。初代パーティは勇者と拳闘士、魔法使いに精霊使い、僧侶だった」

 アルルの瞳が金色に染まりそうになった。

「アルル!」

「どうしたの?! いきなり叫んで」

「その話はいいよ! もう寝よう!」

「コンスがいきなり大きな声出すからビックリしたよ。明日も早いし、早く寝ようか」

 アルルは腑に落ちなかったが、ベッドに横になった。

 コンスは安心してランプの灯りを消した。

「アルル、いい夢を」

「おやすみ、コンス」

 コンスは心の中が落ち着かないのを不思議に思いながら、しばらく寝付けなかった。その気持ちの名前をコンスはまだ、知らない。だが、後に気づくだろう。心が裂けるような思いと共に。

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です