宝石の国3巻漫画感想

宝石の国1巻漫画感想 宝石の国2巻漫画感想

3巻からまさかの目次形式(笑)アニメ綺麗なので、是非見てください、と言って許されれるわけではないですが。

http://land-of-the-lustrous.com/

第14話初陣

アゲートをつけて新しい足を手に入れたフォスは、月人と戦いに参加します。めっちゃくっちゃ速く走れるようになりました。フォスのお手本になろうとした双子のアメシストが粉々になり、月人に連れて行かれそうになります。怖くて動けないフォス。シンシャを見つけます。でも、話しかけることができませんでした。

第15話冬眠

なんと、宝石たちは冬眠するようです。日の光を養分にしている宝石たちは、日照時間の短い冬は起きていられないようです。冬の月人は先生とアンタークチサイトに任せているのです。『彼は、通常完全な液体で気温が下がると結晶し、寒ければ寒いほど強い』というのがルチルの言葉です。流氷が変な形になっています。アンタークが『海が凍るとき海底の微小直物を含んでいるとあなような形状になるそうだ。…だが先生が一度だけ 罪深き者 と呼んだのがなぜだか忘れられない』と言っているのが印象的です。

第16話流氷

冬眠しなかったフォスはアンタークと二人で流氷を割る仕事をします。砕くときにすごい声を出します。流氷はしゃべります。極小生物がしゃべるみたいです。アンタークには聞こえなくても、フォスには『苦しい つらい 帰りたい』と聞こえるみたいです。極小生物に両手を持っていかれてしまいます。

第17話緒の浜

緒の浜というのは、宝石たちが産まれたところです。そこで金と白銀をフォスの手に仮止めします。非常に柔らかく変形しやすい上に重すぎるようです。フォスからそのまま取れなくなり、動けなくなります。そんな時に……

第18話アンタークチサイト

月人登場。そして、気をとられているうちに、アンタークは月人に連れされれてしまいます。

第19話新しい手

フォスの甘いところが消えてしまった気がします。大人になるってことですかね(泣)髪を切って他のところを埋めたそうです。アンタークみたいになりたくて。月人もさらりと追い返してしまいます。この頃のフォスはアンタークを失った悲しみなのか、少し病的です。

第20話冬の終わり

冬眠が終わり、皆起きだします。ですが、フォスはシンシャのことを忘れていました。腕がなくなったせいで、記憶も失ってしまったみたいです。

 

冬のくに

恒例の四コマ(笑)ルチルの日記はやばいらしいです(笑)

 

 

そういえば、2巻でフォスの足がなくなりました。

身体が欠損すると記憶もなくなってしまうんです。

宝石なので、砕けるんですね。

でも、身体を繋ぎ合わせれば、また動けます。

不老不死なんです。身体に住んでる微生物が気に入れば動くみたいです。

1巻で重要だったのが、シンシャですね。フォスは彼の秘密を知るんです。

フォスとパートナーにはならないのかなぁと思います。

7巻では遠ざかってる気がします。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です