かげきしょうじょ!3漫画感想

かげきしょうじょ!2漫画感想 かげきしょうじょ!1漫画感想 シーズンゼロ上下の感想

さらさは彼氏(?)に会ってメンタル回復!(握手だけだけど)

安道先生(過去にオペラ座の怪人をやっていたけれど足の負傷でやめた)にさらさが聞きます。完コピしてしまい、個性がないといわれたさらさ。

さらさ「沢山の人がファントムを演じている中で安道先生はどうやって個性を作っていったのですか」

安道先生「オベラ座の怪人のストーリー知ってる?19世紀松のオペラ座を舞台にした歌姫クリスティーヌと婚約者ラウル、怪人ファントムの三角関係の話でさぁ。最終的にクリスティーヌとラウルが結ばれるんだけど、ヒロインクリスティーンヌの本当の気持ちというのは、受け手の観客にゆだねられていてはっきりとは分からないだよね」

『真実の愛がどこかはクリスティーヌしか知らない』

安道先生「クリスティーヌ役の女優によって雰囲気が変わるんだよな。思いを断ち切るように去って行くクリスティーヌ。往生の表情をうかべて去って行くクリスティーヌ。極端な話、自分を出すってそういう一面もあるってこと」

 

双子のいざこざが。

『予科のジュリエットちゃん!』と呼ばれた千夏が先生を無視してしまいます。

千秋と勘違いされたのでした。

”私は千夏で、千秋じゃない”

先生を無視したと怒られる千秋。

”千秋のために入学一年見送った私がバカだったよ!!”

そんなことを言ってしまいます。

先生「嫉妬心は誰にでもあるものよ。でも、負の力に支配されてはダメ!嫉妬心を味方につけられれば向上心に変えられるんだから」

でも、無事仲直り。

 

スピンオフは男役志望・星野薫の夏休み編

バス停での野球少年との純愛(?)話。

 

次回、運動会!

 

”紅華歌劇団ーーー

大正時代に創設され、未婚の女性だけで

構成された歌劇団。

このお話は、そこに入団する人材を育成する

音楽学校の設立100年目に入学した、

二人の奇才とその仲間たちの青春を描く物語です。”

”渡辺さらさ 身長178cmの天然少女。バレエも勉強もまだまだだけど、夢は「オスカル様」になること!”

”奈良田愛 国民的人気アイドルグループ・JPX48の元メンバー。人づきあいが苦手。”

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です