ダリフラプレイバック特番2感想

漫画[20話]ダーリン・イン・ザ・フランキス

19話の公開が終わってる! やっぱり、今までが特別だったんですね????

αくんの乗った機体とストレリチアが戦っています。漫画が独自展開ですね。

公開部分もなくなり、アニメより戦況が見えにく気がしますが。一週空いてしまったから特に。

ダリフラ19話アニメ感想 ダリフラ18話アニメ感想 ダリフラ17話アニメ感想 ダリフラ16話アニメ感想 プレイバック特番(前回)アニメ感想

感想に関しては、かささぎが勝手に考察しています(笑)貧弱予想なのであしからず。

 

なんと今回は、プレイバック特番2!

色々極まってきたんですね……。前回と違って予定にない急きょな感じがします……。間に合わなかったのか……。

私は、SHIROBAKOのアニメくらいでしか知識がありませんが、作ってる方、ファイト! 万策つきたー!が懐かしいです(笑)ダリフラは尽きてないと思いますけど(笑)

24話(最終話)のアフレコ現場から。あ、そしたら、制作はもう現段階では終ってるか……終わってるといいです。

プロジェクト開始から3年とは!監督のインタビューから。結構昔のみたいです。2017年11月21日のものみたいです。

まずは1話を振り返ってるみたいです。お魚くわえたゼロツーから(笑)

あまりいい噂を聞かない総集編ですね。

ゼロツー役の戸松遥さんのインタビューから。

1~6話は敵なのか味方なのかグレーゾーンで演じてくれと言われていたそうです。確かに! ゼロツーの挙動にちょっと、混乱しました。純粋なのか、敵として何かを計画しているのか。

あと、色を決めない、ともいっておりました。人間の感情ってこういうものって決められないところがある、と。

次はヒロ訳の上村祐翔さん。

戸松さんの話から(笑)現場で明るくて特別(あれ?誤解を呼ぶ?w)ってことでした。尊敬する存在ってことらしいですよ。

「ヒロは上村くんのものだから」って言われて……!

それはすごいですね!なんか、戸松さんのことばっかです(笑)

6話の二人で乗れるようになったところを振り返り。

そして、14話。ゼロツーとヒロがすれ違うところ。

シリーズ構成・脚本の林直孝さん。

要約すると、ダリフラは4部構成で、1部の1~6話はヒロとゼロツーだけの話。それ以降はヒロとゼロツーと仲間たちの話。

話題に上げたのは、18話のイクノがイチゴに告白するシーン(笑)百合好きなんですか(笑)

続けてヒロとゼロツーが満開の桜を歩くところ。

思えば、1話でこのシーンがあったんですよね。過去のことじゃなく、未来のことを1話で入れるって新しいです。18話分の伏線(?)ですよねwいや、伏線なのか……?ただの、映像テクニックでしょうか……。物語には別に影響してないですよねw

最後に監督がかなりキツイですって言ってるwww

それでも、今までのクオリティが高いと思います。作画そんなに崩れてないですよね。特に大事なシーンでは崩れてない気がします。ロボットあんなに動くのに。そりゃキツイですよね、と素人考えですが。

来週はみれますように!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です